手術の方法|小陰唇肥大の気になる原因や様々なタイプを知る

小陰唇肥大の気になる原因や様々なタイプを知る

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

手術の方法

婦人

小陰唇肥大の治療に用いられる小陰唇縮小手術には、二つの種類が用いられます。一つは切開による手術であり、もう一つはレーザーを用いた手術となっています。どちらの手術方法でも小陰唇肥大を解消できますが、それぞれに特徴があります。
まず、切開の方法を用いた小陰唇肥大の解消手術について確認しましょう。切開の方法を用いた手術は、レーザーを用いた手術に比べて安値で小陰唇の肥大を解消できるという大きな特徴があります。金額が安いというのは利用者にとっては嬉しい利点となります。一方で、術後のケアに時間をかけるという特徴もあります。手術を受ける人によって多少の差がありますが、およそ一か月程度の通院やアフターケアが必要とされます。期間をかけてゆっくりとアフターケアを行なっていくことで、自然な生活を可能とするのです。
一方で、レーザーを用いた施術はアフターケアについて大きな利点があります。術後の痛みや腫れが少なく、安心して施術を受けることができます。また、そのためより早く仕事を再開することができます。デスクワークが主な業務である方に関しては切開の方法を用いた施術でも影響は少ないかも知れませんが、立ち仕事が多い方だとその活動に不安が残ります。レーザーを用いた施術は、そうした方へ与える影響が少ないというのが大きな利点です。また、レーザーを用いると施術時に出血がほとんどないという利点もあります。より痛みや不安を感じることなく施術を行なうことができます。
それぞれの特徴とご自身の状況を把握し、適切な施術方法を選択してみてはいかがでしょう。