タイプ別の観点|小陰唇肥大の気になる原因や様々なタイプを知る

小陰唇肥大の気になる原因や様々なタイプを知る

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイプ別の観点

女の人

一概に小陰唇肥大と言ってもそのタイプには様々な種類があります。例えば、その長さが平均より長い場合です。そういった方は下着に擦れたり自転車に乗ることが困難になったりといった症状が発生することになります。長さによる問題は、小陰唇縮小手術により平均的な長さに調整します。そうすることにより小陰唇が適切な長さへと調整され、前述の悩みが解消されます。
一方で、小陰唇の左右差による悩みを抱えている方もいらっしゃいます。左右差に関しては多くの方が持っているとされていますが、その差が極端な例もあるようです。片側だけが肥大しているような方は、やはりその見た目が気になってしまうものです。そういった方に対して行なわれる小陰唇縮小手術は、その左右差を平均化することを目的として行なわれます。肥大した片方の小陰唇を縮小することで、左右差をなくすというものです。施術により見た目の不自然さが解消され、女性の悩みを取り除くことになります。
また、形だけでなくその色に対して悩みを持つ方もいらっしゃいます。通常、成長するにつれて小陰唇にはある程度の色素沈着が出るようになります。場合によってはその色に黒ずみが見られることがあります。肥大という観点とはやや異なった色についての問題ですが、これを悩みとする女性もいらっしゃいます。そうした黒ずみの主な原因は下着に長い小陰唇が擦れることにあるとされています。従って、小陰唇縮小手術により長さを平均的なものに調整します。そうすることにより、次第に黒ずみが気にならなくなるという効果が得られます。
小陰唇肥大のタイプにより手術で実感できる効果が異なってきます。ご自身の悩みはどのタイプに起因するものなのか、考えてみましょう。